トップページ > 診療内容 > 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い歯ならびや噛み合わせを矯正し、きれいな歯ならびにする歯科治療です。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけゆっくりと動かしていきます。歯並びや噛み合わせが悪いといった見た目の問題だけでなく、むし歯や歯槽膿漏、口臭、発音が明瞭でない、あごの骨に負担がかかる、健康の基本である食事が制限され食べ物をうまく噛むことができないなど、多くの問題を引き起こす原因にもなります。バランスよく美しい歯並びは、お口とからだの健康を支え、笑顔溢れる豊かな人生をももたらしてくれるのです。

このようなことでお悩みの方はぜひ伊井歯科クリニックにご相談ください。

  • 下の歯に対して、上の歯が出ている(いわゆる出っ歯)で悩んでいる
  • 前歯や奥歯の歯並びに凸凹があり、人前で気持ちよく笑えない
  • 子どもの歯並びが気になるが、永久歯と乳歯の両方が混在しているので矯正のタイミングがわからない

上記のほかにも歯列や噛み合わせなどでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

治療の流れ

1.受付・カウンセリング

歯並びに関する悩みや矯正歯科治療に関する疑問点や希望について患者さまのお話をうかがいます。その上で歯の状態チェック・健康状態チェックを行います。状態を確認し、費用、期間などを含め、要望をお聞きしながら、患者さまに合った治療法を探していきます。また、この際に治療をはじめるかどうかを決めていただくことはありません。十分にご納得いただいた上で処置を受けていただきますので、ご安心ください。

2.精密検査・診断

レントゲン写真やお口の写真を撮り、歯の模型を作成。咬合の診査、虫歯および歯周組織の検査、問診なども行い、現在のお口の情報を集めます。

その後、各資料をもとに口腔内を分析・診断士、治療計画を検討します。

3.カウンセリング

治療計画について説明を行います。使用する装置や治療期間、費用の説明を行います。

4.治療開始

治療計画にそって歯を動かしていきます。矯正治療は、大変時間を要するものです。患者さまとのコミュニケーションを大切にし、気持ちよく治療を行っていただけるよう心がけています。いつでもご相談を承りますので、お気軽にお声かけください。

ページ上部へ ページ上部へ

矯正装置について

取り外しのできる装置
取り外しのできる装置自分自身で取り外しを行う装置です。おもに、乳歯と永久歯が同時に生えているときに使用します。傾いている歯を清浄な傾きに戻したり、あごを広げたりするときに使用します。
固定式の装置
固定式の装置ブラケットという矯正装置を歯面につけて矯正用ワイヤーを通し、その弾性力を利用して、一本一本の歯を動かしていきます。多くの症例でこの装置が使用されています。
みえない矯正(インビザライン)
みえない矯正(インビザライン)米国のアラインテクノロジー社によって開発され、コンピューターシミュレーションによって作成されたアライナーという透明なマウスピースを使用して治療する、従来の矯正装置とは異なる新しい矯正治療装置です。カスタムメイドされたアライナーを1日20時間装着し、2週間に1度交換しながら歯を徐々に動かしていきます。プラケットやワイヤーを使用しないため、外見上、目立たちません。自分で脱着可能なため、食事も歯みがきもできます。インビザラインの詳細はこちら

ページ上部へ ページ上部へ

症例画像

症例写真:01
症例写真:02

ページ上部へ ページ上部へ

矯正歯科 Q&A

子どもの矯正治療はいつから始めたら良いですか?

矯正治療には、一期治療(早期治療)と二期治療(本格治療)があります。
一期治療は、乳歯と永久歯が混在する時期(混合歯列期)に行う治療で、比較的単純な装置で歯並びや顎の骨を適切な位置に改善することを目的としています。

二期治療は、永久歯が生え揃い、歯並びが完成したころ(永久歯列期)に行うのが最適と言われています。個人差はありますが、12歳ごろが目安となります。一期治療の単純な装置とは異なり、固定式のマルチブラケット装置を装着し、全体的に歯並びを調整していくのが二期治療です。

いつから矯正を始めるかは、信頼できる歯科医師に相談しながら適切な時期を決判断することが大切です。

一期治療は必要?

一期治療を行うことで、二期治療が簡単になったり、二期治療で抜歯せずに治療ができたり、あるいは抜歯する本数を減らす等のメリットがあります。
また、反対咬合の場合、下顎の前歯が強い咬合力を受けて歯肉退縮や歯の動揺をきたすことがありますので、このような場合は早急に対処が必要なため一期治療を行う必要があります。

良くない噛み合わせを改善し、子どもが正常に成長するために一期治療は大切な役割を果たします。
一方で、低年齢の子どもは口腔衛生の管理が難しく、むし歯や歯周炎がおこりやすいという心配もあります。そのため、あきらかに二期治療で抜歯しなければならないことが予想される場合は、一期治療はせずに、二期治療のみ行うこともあります。

なるべく目立たない方法で矯正したいのですが。

以前は矯正といえば金属の装置が主でした。その後、透明(表側)のあまり目立たない装置がでてきました。 最近では「インビザライン」という最新の矯正技術があり、痛みもなく美しい口元が実現できます。目立たない矯正インビザライン詳細はこちら

ページ上部へ ページ上部へ