トップページ > 診療内容 > 審美歯科

審美歯科

審美歯科は、美しい口元のための治療です。見た目の美しさだけではなく、お口の悪い部分を治し、本来の歯の機能を働かせることが審美歯科の目指す治療です。美しく白い歯に対して特に過敏な若い方から、高齢化社会が進み、いつまでも若々しく健康で美しい歯であり続けたいと願う年配の方まで、一人ひとりに応じた、美しさと機能性を考えた治療を行います。

治療法

オールセラミッククラウン
セラミックス(陶材)だけで製作されたかぶせるタイプの白い歯です。金属を使用しないので、もともとの自分の歯にきわめて近い色調を再現することができ、自然な仕上がりになります。また、金属を全く使用しないため金属アレルギーの方にも最適、天然歯に近いため審美性(見た目)にも優れています。
セラミッククラウン(メタルボンド)
中身は金属で、外から見える部分にセラミック(陶器)を貼り付けるタイプの白い歯です。近年、強度や耐久性、審美性に優れたジルコニアを使用したオールセラミックスが人気ですが、セラミッククラウンは数十年にわたる歴史を経て現在にいたっているという強みがあり、大変信頼性があります。
ハイブリッドセラミッククラウン
中身は金属で、外から見える部分にセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料を貼り付けるタイプの白い歯です。経年的に多少変色する可能性があります。
ダイレクトボンディング
前歯・奥歯を問わず、中程度までの歯の修復に対しナノハイブリッド・コンポジットレジンを使用した修復法です。保険外治療となりますが、健康保険適応の材料よりもワンランク上の最新の材料を使い、全ての工程において十分な時間をかけて行ないます。
保険適応の治療との大きな違いは、キメ細かな透明度の違うレジンを複数重ねて使用することで、限りなく天然歯の色調や透明感を表現できる点です。そのため、先端部分がグレーに透き通り、中の象牙質が少し透けて見えるといった歯の透明感の違いなどを、違和感なく仕上げることが可能です。
ファイバーポスト
ファイバーポストは、歯科診療での支台築造(神経を取った歯にかぶせ物をする際に歯を補強する方法)で用いる材料の一つです。歯科治療で神経を取り除いてしまうと、歯には栄養行き渡らなくなるので歯はもろくなってしまいます。そこで歯の補強として土台を立てます。以前は金属による補強が主に行われてきましたが金属は硬さや弾力性が歯よりも強いため割れやすいなどの欠点がありました。グラスファイバーには歯と同じ位の硬さと弾力性があるため、ファイバーポストでは歯が欠ける、折れるなどのデメリットが軽減されるといったメリットがあります。

ページ上部へ ページ上部へ

症例画像

前歯2本をオールセラミックスクラウンにて直しました
症例写真:01

歯の根元が黒くなっていて目立つ
前歯4本をオールセラミックスクラウンにて直しました
症例写真:02

臼歯の欠損部をセラミックスクラウンのブリッジにて修復しました
症例写真:03

隣接面の虫歯をハイブリッドセラミックスインレーにて修復しました
症例写真:04

銀歯が気になるとのことで来院されました。
金属の詰め物をすべてダイレクトボンディングにて修復しました。
症例写真:05

虫歯で治した銀歯が気になるとのことで来院されました。
すべてダイレクトボンディング(CR)にて修復しています。
歯の明度、彩度にあわせてCRを直接口腔内でレイヤリング(重ね合わせ)しているので、
歯と詰めものの見分けがほとんどつかなくなります。
症例写真:06

ページ上部へ ページ上部へ

審美歯科 Q&A

セラミックの歯の種類にはどんなものがありますか?

メタルボンドタイプやオールセラミックスタイプなど色々な素材があります。奥歯ではジルコニア系のオールセラミックやメタルボンドがお勧めです。アレルギーの問題や前歯の審美性を重視されるなら、光を通すオールセラミックが良いでしょう。

審美歯科は保険がききますか?

保険適用外となります。

保険適用外だと高そうで不安です。保険治療と自由診療の違いはありますか?

保険治療と比較す ると、十分な治療時間の確保、高度な技術の提供、より優れた歯科材料の使用により、精度、審美性、耐久性に優れた診療を提供することができます。なお、1万円以上の自由診療の場合は、クレジットカードがご利用頂けます。

ページ上部へ ページ上部へ