トップページ > 診療内容 > 大人の予防歯科

大人の予防歯科

大人の予防歯科むし歯の治療だけでなく、むし歯を予防し、お口全体の健康状態を保つための治療です。リラックスした状態での診療が可能な専用のケアルームにて施術を受けることができます。

—毎日丁寧に磨いているのに歯医者に行くと必ずむし歯を指摘されてしまう。
−ケアしているつもりなのに、歯周病が進行していると言われる。

このように、毎日歯みがきしているので自分は大丈夫と思っていませんか。ホームケアだけでは、本当のケアができているとは言えません。CMなどでもよく耳にするようになった「プラーク(歯垢)コントロール」。プラークは、不溶性グルカンによって形成されているかたまりで、非常に強く歯に付着しています。プラークをホームケアだけで取り除くことは不可能です。3ヶ月に一度はプロフェッショナルケア(歯科医院で行うプロのお手入れ)を行いましょう。

伊井歯科クリニックでの「大人の予防歯科」に対する取り組み

伊井歯科クリニックでは、むし歯・歯周病には自宅での歯磨き(セルフケア)とクリニックでの定期的なケア(プロケア)の双方を効果的に組み合わせることが大切であると考えています。
プラークコントロール=自宅での歯磨き(セルフケア)+クリニックでのケア(プロケア)

自宅での歯磨き(セルフケア)

歯についたプラークの除去を日常的に行える方法として最も効果的な方法はブラッシングです。自己流のブラッシングでは、なかなかプラークを取り除くことが難しいため、歯科医師や歯科衛生士の指導のもと、効果的なブラッシングを行うことが大切です。適切なブラッシングは血行をよくし、細菌に対する抵抗力を強くするため、むし歯はもちろん、歯周病、口臭を予防します。

当院の予防歯科では、自分に適した歯ブラシの選び方、歯ブラシ以外のデンタルフロスや歯間ブラシなどの道具の使い方、正しいブラッシングの方法などを指導し、健康な歯を維持できるようケアしていきます。

クリニックでのケア(プロケア)

伊井歯科クリニックでは3~4ヶ月に1回のクリニックでのケアをお勧めしています。セルフケアによりプラークの大部分を除去することは可能ですが、歯の表面には歯ブラシでは除去できない頑固な汚れが必ず存在しています(これをバイオフィルムといいます)。

バイオフィルムにはむしさまざまな細菌(その中にはむし歯や歯周病を引き起こす細菌の含まれます)が付着しているので、そのまま放置しておくとむし歯や歯周病を引き起こす可能性が高くなります。そのため虫歯予防、歯周病予防には定期的なプロケアが大切なのです。プロケア後のバイオフィルムの抑制効果は3~4ヶ月であると言われています。
健康な歯を維持するためにも、当院では3~4ヶ月毎に定期健診でのバイオフィルムの除去(PMTC)をお勧めしています。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略であり、セルフケアでは行えない、専用機器を使って歯面をクリーニングすることです。清掃による痛みもないのが特徴です。

PMTCには、口腔バイオフィルム除去、着色の除去、エナメル質表面の活性化、ブラッシングに対する動機付け、むし歯予防や歯周病予防、健康な歯の維持、見た目の美しさなど、感染症を予防するさまざまな効果があります。
健康で美しい歯を維持するためにも、定期的にPMTCを受けることが大切です。

PMTC PMTC

伊井歯科クリニックの目指す診療スタイル

伊井歯科クリニックでは、患者様にとって「治療をするために来院していただくクリニック」から「虫歯や歯周病にかからないために来院していただくクリニック」という存在になりたいと考えています。

セルフケア

ページ上部へ ページ上部へ

大人の予防歯科 Q&A

毎日キチンと磨いていても虫歯になりますか?

歯ブラシでただ磨いているだけでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。フロスや糸ようじを使って歯の隙間まできれいにしましょう。

日ごろの手入れと合わせて歯科医院でのクリーニングを定期的に行うとより効果的です。

キシリトールって本当に歯に良いんですか?

キシリトールは、多くの野菜や果実に含まれている天然の甘味料で、砂糖と同じくらいの甘さがあります。

砂糖等の糖分と違い、口の中で「むし歯菌」に代謝されず、菌は歯を溶かす“酸”をつくれません。“酸”ができにくくなると、むし歯菌の住みかである「プラーク」は歯磨きすると落ちやすくなります。また、キシリトールは、むし歯菌の発育を抑えたり、エナメル質の再活性化にも効果があると言われています。

タバコは歯の健康にも悪いのですか?

タバコに含まれるニコチンには、末梢血管を収縮させる作用があります。タバコを吸うことで、血管が収縮して歯肉への酸素の供給量は減少し、歯肉は絶えず栄養不足状態になって歯周病にかかりやすくなり、細菌を殺す白血球の機能が低下して、歯肉の病気を悪化させます。

このようなことからも、タバコは健康はもちろん歯にも良くない影響を及ぼす可能性があります。

ページ上部へ ページ上部へ