トップページ > 最新医療技術への取り組み

最新医療技術への取り組み

審美歯科

2008年 審美CR修復ハンズオンコース受講
最近、むし歯の修復に金属を使用しないプラスチック(コンポジットレジン)を使用した治療法が脚光を浴びています。このコースでむし歯を取り除いた後、ただそこに詰め物をつめるだけではなく、いかに自分の歯と見分けの付かないようにきれいに修復を行うかというテクニックを学びました。
2016年 Bio-Emulation Seminar 受講
Bio-Emulation(組織・解剖学的アプローチをRestorative Dentistryに応用し生体を模倣することを目指す一方法)を臨床診療に取り入れる方法を学びました。この講演で審美 治療を基礎から応用まで幅広く学ぶことができました。

義歯治療

2011年 Ivoclar Vivadent BPS course(Liechtenstein) 修了
Biofunctional Prosthetic System(BPS)という超精密義歯の最新治療方法の国際ライセンス習得のため、ヨーロッパのリヒテンシュタイン公国で行われる研修に参加しました。Biofunctional Prosthetic System(生体機能補綴システム)というその名が示す通り、この手法を用いた義歯製作にはあなたのお口の機能を最大限に発揮するための仕組みがあります。この研修により、BPSの特徴である「よく噛める入れ歯」「一見して入れ歯とわからないほどの精密な入れ歯」「長持ちする入れ歯」「違和感なく装着できる入れ歯」を製作することができるようになりました。
2012年Individual full denture set-up with VITAPAN PLUS anteriors and posteriors(Germany) 修了
2013年Artex-Training with Full Dentures including Centrofix &Templates(Germany) 修了
ヨーロッパの義歯製作の中心であるドイツでの研修に参加し、義歯製作に必要な印象材料(歯型を採る材料)、人工歯、咬合器(歯型を採った模型を取り付ける機材)に関する最新の情報を習得しました。また、総義歯の配列に関しての実習コースを受講することにより、 ヨーロッパにおける人工歯配列方法を習得しました。
2015年national denturist association USA annual meeting修了
2016年national denturist association USA annual meeting修了
アメリカのデンチュリストが参加する大会に参加しました。日本ではまだ導入されていないアメリカの義歯製作に関する最新技術を学ぶことができました。
2016年吸着義歯インストラクターコース修了
お口を大きく開けても浮き上がることがない下顎総義歯(下顎吸着義歯)を製作する方法をインストラクターとして世界各国の先生に教えることのできる資格を得ることができました。これからは日本の歯科技術を世界に向けて発信していきたいと考えています。

インプラント治療

2001年 ITI DENTAL IMPLANT SYSTEM Basic Course 修了(中村社綱先生より師事)
2002年 THE EDUCATION COURSE ON PERI-ODONT/IMPLANT修了
(中村社綱先生より師事)

インプラント治療に関して、20年以上の経験と実績を持ち、より確実で最良のインプラント治療を行っているインプラントセンター九州院長の中村社綱先生より、インプラント治療の基礎からGBR(骨の再生技術)まで学びました。
2013年 American prosthodontics society annual meeting修了
2014年 American prosthodontics society annual meeting修了
2015年 American prosthodontics society annual meeting修了
2016年 American prosthodontics society annual meeting修了
アメリカのシカゴで行われる学会に参加しました。審美領域や骨が少ない場合に用いるインプラント埋入テクニックなど日本では得ることのできない技術や理論について学ぶことができました。

矯正治療

2004年 AD研修会ベーシックコース受講(百瀬保先生より師事)
2004年 AD研修会アドバンスコース受講(百瀬保先生より師事)
2005年~2008年 AD研修会フォローアップコース受講(百瀬保先生より師事)
2007年 オルソ2001ベーシックセミナー受講(高橋正光先生より師事)
2008年 シンプル矯正タイポドントコース受講(義澤祐二先生より師事)
2009年 インビザラインサティフィケートコース受講(Vicki Vlaskalic先生より師事)

矯正治療|最新医療技術への取り組み

拡大装置やブラケットを用いた矯正治療は「王子神谷矯正歯科クリニック」の百瀬保先生より5年間にわたり指導を受けました。その間、分析・診断から、治療計画・治療の実際まで、患者さまに合わせた様々な治療法を、丁寧に教えていただきました。特に歯を抜かないで抜歯を行う非抜歯矯正に関して、適応症の選択と治療の実際に関して多くを教えていただきました。

2009年より審美性や快適性に優れたに優れた、ブラケットを使わない審美性に優れたマウスピースを使用した矯正治療(インビザライン)を始めています。インビザラインは最近マスコミでも話題となっている矯正治療で、タレントや女優さんからも注目を集めています。

予防歯科

2007年 PMTC院内研修会
オーラルケア社より講師をクリニックにお招きしてPMTC(様々な器具とフッ化物入りペーストを用いて全ての歯面とその周辺の歯垢を除去する方法)について、講義と実習を行いました。口腔内には自分では容易に除去できないバイオフィルムがあり、その除去が歯周病予防に大切であるということを学びました。また様々な器具の使用法や具体的なノウハウを教えていただきました。
2008年 口腔ケア院内研修会(ケアルームの有効的活用法)
歯科衛生士の片山章子先生(Studio Chick代表)をクリニックにお招きして、定期健診をはじめとしたお口のクリーニングの際の痛みのない心地よいPMTC法の必要性とその実際を学びました。歯科治療に定期的に通っていただくには「痛みの無い」「気持ちのいい」ケアプログラムの実践が大切であること、歯周病に罹患している方だけではなく、健康・未病の方にも来院して頂けるようクリニックの側から積極的に歯周病予防にかかわっていくことの必要性を教えていただきました。健康で美しい歯を保つために、生涯にわたって患者さまの健康維持のお手伝いをすることが予防歯科の基本だと考えています。
2016年 デンタルエステ院内研修会
歯科衛生士の梅沢真里先生(デンタルエステサロン代表)をクリニックにお招きして歯肉マッサージをはじめとした口腔ケアの実習を行いました。快適な口腔内環境をつくる大切 さをこの研修で学ぶことができました。

その他

2006年 ホスピタリティに関する社外研修会
都内外資系ホテルにて研修担当の方を講師にお願いして、ホスピタリティの必要性とその具体的実践について、お話をしていただきました。技術の習得が第一で、患者さまを扱いが疎かになりがちな医療機関ですが、相手の気持ちを思いやる心をもつこと(ホスピタリティ)こそが、医療従事者にとって大切なことなのだということを学びました。患者さまが安心して治療を受けられるよう、伊井歯科クリニックの医師・スタッフ全員が、ホスピタリティ精神を常に意識して患者さまに接しております。

ページ上部へ ページ上部へ